ホームKPOP歌詞検索お知らせ韓国旅行韓国語韓国文化/生活/慣習韓国の制度/産業韓国芸能日韓夫婦日記サイトマップ

表現に困った韓国語 「味がない」。

掲載 : 2012.05.11
料理について評価をするときの代表的な言葉が

おいしい / 맛있다(マシッタ)
まずい  / 맛없다(マドタ)

この表現で困ったことがある#とんこ#

表現に困った韓国語 「味がない」。


日本語の表現「美味しい」という漢字のとおり「味が美しい」と書いて「おいしい」の意味になる。

ところが、韓国語の表現맛(味)있다(ある) / 없다(ない)書いて「おいしい/まずい」の意味になる。

ある日、韓国人との食事中の出来事。

何を食べたか忘れたが、特に味がなかった。

"맛이 없어요/マシ オソヨ)"
味がない⇔まずい

と表現したその瞬間「ハッ!」とした。

単に味がないことを伝えたかったのだが、不味いという意味で伝わったに違いない。

味とは、甘い、辛い、酸っぱい、苦い、しょっぱい、ダシが効いている等様々。

では、その味自体がない、特に何の味もしないというこういった場合、何と表現すればいいのだろう?

아무 맛도 없다 / アムマッドオ
何の味もない
어떤 맛도 없다 /オットンマッドオ
どんな味もない

このように表現すればいいそうです。

ちなみに味が薄い場合は、싱겁다(シンゴタ)と言います。

塩気が足りない、味が薄いコーヒー、甘さが足りない、ダシが足りないなどの状況で使います。
#まずい #味がない #맛있다 #맛없다 #日韓で表現が違う韓国語 #日韓で意味が違う韓国語 #韓国式表現
 
本サイトの情報のご利用時には自己責任の下で読んで下さい。保証、責任は一切持ちません。
All copyrights by kjpop.net | お問い合わせ