ホームKPOP歌詞検索お知らせ韓国旅行韓国語韓国文化/生活/慣習韓国の制度/産業韓国芸能日韓夫婦日記サイトマップ

文法 ~아/어 보다(~してみる)、こんな使い方もするの!?

掲載 : 2013.03.27
日韓で使い方が一部異なる文法

まずは、韓国語学習者なら
多くの方が知っている基礎知識から。

韓国語はなぜこんなに日本語に近いのか
#とんこ#が驚いた文法の1つ。

① 아/어 보다 (~してみる)
動詞 보다(ポダ) = 見る

動作性の動詞の後ろに
この「見る(ポダ)」をつけて
「~してみる(試す)」という意味になる。

食べてみる、行ってみる、買ってみる…
먹어 보다,가 보다, 사 보다...

日本語の「~してみる」も同じ意味で
一度、試しにやってみる、
結果がどうなるのかトライしてみる
という意味である。

ところで!
この文法には盲点があるんですよ!!

どこが盲点か見てみよう!


事例1
知人といるときに途中、
相手が次の用事のために抜けたり
時間も遅いから帰宅するために抜けたり
とにかく話を切り上げ
その場から立ち去ろうとすることがある。

そのとき、日本人ならこう言うだろう。

"그럼 갈게요"
じゃあ、(私はもう)行きますから

でも、韓国人はこう言うことがある。

"그럼 가볼게요"
じゃあ、(私はもう)行ってみますから

そんなことにトライ精神がいるなんて…ㅠㅠ

事例2
自分の身支度のため、相手を待たせるとき

日本人ならこう言うだろう。
"잠깐 기다려"
ちょっと待って
"잠깐 기다려 주세요 / 기다려 줘"
ちょっと待って下さい / 待ってくれ

でも、韓国人はこう言うことがある。
"잠깐 기다려 봐"
ちょっと待ってみて

君はどれくらい待てるかな?♪

事例3
寂しいので彼氏が彼女に自分の傍に一緒にいてほしいと望むとき

日本人ならこう言うだろう。
こっちに来て/こっちに来てほしい
こっちにきてくれない?

でも、韓国人はこう言うことがある。
"여기로 와 봐"
こっちに来てみて

行ったら何かあるのかな?

結論
韓国語「~してみる(아/어 보다)」
①一度試してみるという意味
②特に意味はない

文法 ~아/어 보다(~してみる)、こんな使い方もするの!?


日本人語学堂で学習するのは
日本語と同じ使用法の①の意味であるが
実際には②の意味でも多く使われている。

当サイトKJPOPの曲名の和訳をするとき
こういうことがよくあるんですよね。

文法、「~아/어 보다」を訳すときは
何でもかんでも「~してみる」
と直訳するとおかしくなるので注意!
#아/어 보다 #~してみる #해 보다 #盲点 #日韓で違う文法 #보다 #ポダ #みる #해보다
 
本サイトの情報のご利用時には自己責任の下で読んで下さい。保証、責任は一切持ちません。
All copyrights by kjpop.net | お問い合わせ