ホームKPOP歌詞検索お知らせ韓国旅行韓国語韓国文化/生活/慣習韓国の制度/産業韓国芸能日韓夫婦日記サイトマップ

呼称・指称1 ~韓国、「誰々のママ」という呼び方~

掲載 : 2013.02.07
日本以上に子供中心の呼び方をする韓国

≪ 保護者同士の電話での会話 ≫
유리:여보세요. 저는 진수 엄마인데요.
ユリ:もしもし、私はジンスのママですが

예진の母親:안녕하세요.무슨 일이세요?
イェジンの母親:こんにちは。何でしょうか?

유리예진 엄마한테 뭐 좀 물어 보려고요.
ユリ:イェジンのママにちょっと
お尋ねしたいことがあるんですよ

예진の母親: 네, 말씀하세요
イェジンの母親:はい、どうぞ

このように韓国では子供がいる場合、
大人同士の会話でも
自分や相手の名前を使わず
「子供のママ」という表現をよく使う。

初対面では互いの名前を知らないので
子供のママという表現は日本でも使う。

しかし、既に名前を知っていれば

「美紀(娘)の母の山田ですが」
「佐藤さんでしょうか?」

というように苗字を使うだろう

何で韓国ではこう呼ぶのか考えてみたが、
韓国が夫婦別姓であることに関係があるのかもしれない!

日本では山田太郎くんのお母さんの名前も
山田さんです(離婚等を除く)。

だから相手の苗字を聞かなくても、
「我が子の友達の母親の苗字」
分かるので会話ができるんですよね。

でも、韓国では

① 子どもの苗字はどうなるの?

김창민(キム・チャンミン)
박유리(パク・ユリ)の子供は、

진수(キム・ジンス)のように
子供は無条件父親の姓を継ぎます。

※2008年法律改正によって
 母親の姓も名乗れるようになったが
 現実的には多くが父親の姓を名乗る。

つまり、苗字が異なるんです

よって、
我が子の友達の母親の姓名は、
尋ねない限り分からないんですよ。

呼称・指称1 ~韓国、「誰々のママ」という呼び方~


そして、

② 苗字+「さん付け」の呼び方

韓国ではキムさんパクさんというような
苗字+さん付けの呼び方は失礼になる

フルネーム下の名前
呼ばなければならない。

そうするとフルネームが分からないとき、
直接相手に呼びかけられないことになる。

我が子の友達の名前とは別に
その子の母親父親フルネーム
それぞれ追加で覚えなければならない
というのは大変な作業である。

専業主婦だと会社で
名前を呼ばれることもなく、
ずっと誰々のママとか誰々の奥さん
というように呼ばれるんですよね。

そういうことから、
韓国では過去に女性団体
「名前で呼べ」と運動を起こしたこともあるそうです。

日本子供中心に呼ぶこともあるが
韓国はそれ以上であるし
何より変わりになる呼び方が
フルネーム以外にない!!

#とんこ#なら、親しくない人の名前は
すぐに忘れてしまうだろうなぁ。

#とんこ#名前で呼んでほしい。
誰々のママは嫌だね。

最後に、このような慣習になった理由は
#とんこ#の勝手な推測で
正確な理由は知らないです。
#呼称・指称 #呼称 #指称 #ママ #韓国の呼び方 #韓国の呼称 #敬称 #誰々のママ #子供中心の呼び方
 
本サイトの情報のご利用時には自己責任の下で読んで下さい。保証、責任は一切持ちません。
All copyrights by kjpop.net | お問い合わせ